前へ
次へ

鍼灸治療がヘルニアの痛みを緩和してくれる

酷い腰痛が発生する椎間板ヘルニアは、一度発症してしまうと痛みが繰り返す事も多いために、腰痛が発生していない段階でも腰をケアする必要があります。鍼灸治療のクリニックに相談する事で、椎間板ヘルニアの再発を防ぐためのサポートを受けられるので、まずは専門家の話を聞いてください。腰を保護するために筋肉の状態を安定したいのであれば、鍼灸治療と電気治療を併用する事がおすすめされています。電気を使って筋肉に刺激を与えながら、温熱療法などで筋肉の疲労感を取り除く事によって、効率的に筋肉の成長を促せると好評です。筋肉の状態が不安定なままリハビリを続けていても、筋肉が成長できないまま時間だけが過ぎてしまい、関節のダメージが蓄積する事もありえます。短期間で腰を鍛えたいのであれば、ストレッチの方法などもクリニックでアドバイスしてもらい、自分の腰の状態に合う施術を受けてください。背骨の歪みなども詳細に確かめてもらえて、関節に負担をかけないように運動を続けられます。

Page Top