前へ
次へ

発祥が中国な鍼灸治療

痛みを抑えるのに効果があるといわれている鍼灸治療は、今では代替医療としての活躍ができる技術として取得する人がたくさんいます。この鍼灸治療の発祥は中国最古の医学書にあり、紀元前1から2世紀頃には出来上がっていたといわれています。気の考え方を元とした経絡などの中国医学の基本原理があり、現代鍼灸として応用がなされてきた結果です。困っている人では腰の痛みを発症してしまった人では根本治療の前に痛みを抑えるということでは、かなり必要性が高い治療方法といえます。まず人が本能的に嫌がるのは痛みに対する抵抗にあり、痛みが治まらないことには何もできないからです。それを抑えることができる鍼灸治療は効果はもちろん、治療の根本をアプローチすることによって改善することができる技術だといえます。何よりも大切なのは人から人へと伝わっていく技術に確実性があり、また進化の過程ではそれに対応できるだけの柔軟性があることもわかっています。

Page Top